PICO2ブログ

(QMA)ソラリスアニゲ大会

090506_1.jpg


アニゲ杯だったりクマケだったりで、全然原稿が進んで無かった為
「今日から全力で遅れを取り戻すぞ!」と意気込んで作業机に向かった瞬間
原稿用紙のストックが切れてる事に気付くとか。


------------------------------------
先日のソラリスの事でも書かせて下さい。

普段はこういう事は書かないけど(そもそも店舗大会にあまり出ないし)
こんな時くらい、たまにはいいよね?
対戦者発表の画像も、参加記念の為だけに撮ってたんだけど
折角なので使わせてもらいます。

あと、長いです。スミマセン。


●1回戦(各組2人抜け)
090506_2.jpg

そんな訳で一回戦。
いきなり終了のお知らせが届く事になりました。
あの、この組おかしくない?

しかしこの組み合わせなら負けても仕方ないと思い、
逆にいい具合に力が抜けた気がします。
どうせ負けるにしても悔いを残したくなかったんで
いきなりセレクトを投入。

道中、相手との点差を全く把握出来てなかったんだけど、
終わってみれば2問リードで2位抜け出来ました。
最後の一問でギリギリ捲くれたか、位にしか思ってなかったんですが…

それにしてもいくら緊張してたとは言え、一問目から早苗ちゃんの苗字が
なかなか思い出せなくて焦りました。
キャプ翼ファン失格です。


●2回戦(各組1人+1位との得点差上位6名)
090506_3.jpg

2人抜けでもきついけど、ここは1人抜け(+点差6人)。
セレクトももう使っちゃったし、投げるものが無い。
誰が何を得意としてるか、その辺りの情報があまり無かったため
下手な差し込みが起きないように、無難にここは全ランダムで。

結果的に、1位抜け出来ました…!
今思えばこの2回戦でしか1位抜けしてないんですね。


●3回戦(各組2人抜け)
090506_4.jpg

2回戦での+6名が決まるまで、自分の組には穴が空いてたんです。
そこにまさか賢竜レキさんが入る事になるとは…。
ちょっと、勘弁して下さい。

とは言え、最初の目標だった3回戦進出を達成出来たので(去年が2回戦だったので)
ここからは割と気楽です。4位でも胸を張って終われます。
何を出そうか迷ったけど、ここまで誰も出してなかった漫画をチョイス。

結果、2位で通過。
ま…マジですか。


●準決勝(各組2人抜け)
090506_5.jpg

ここまで来たら、もう何でもいいです。
出す物が相変わらず何も無かったけど、多分相手も同じかと思い
セレクトの次に取れそうなタイピングで。
カウンターは怖かったけど、これ以外出す物が無かったんです。

道中、ふみこさんが抜けているのは分かったけど、
ほむら係長との差が良く分からない。
正解数は恐らく同じ、タイム差でどっちが上なのか全然分かってません。
というかほむら係長のアニゲゲージが3なのって偽装ですよね?

そして終わってみれば、4点差。…で、2位通過。
こ…これは…、何という強運。

あれ?というか、次もしかして決勝戦っすか?


●決勝戦
090506_6.jpg

なんなんですか?なんで私ここにいるんですか!?
とりあえずこの決勝戦の場を汚さないよう、最大限の努力を。

結果は優勝がYOU-Iさん、2位がほーちゃんさん、3位がふみこさんでした。
自分は案の定4位でしたが、たぶん恥ずかしい内容では無かったと思います。


そういえば、この決勝まではマルチが一回も無かったんですよね。
今回この大会に臨むに当たり、マルチを捨てて自武器のセレクトは勿論
タイピングとパネルのレッスンに全力を注いだのです。
一応4まではアニ線使ってたし、順と多答も5に少しだけやってたので
全く対応できないって事は無いと思いますけど。
でも普段の決勝でアニマルチ3タコは全然珍しくないので、
マルチが飛んで来なかった事が、決勝まで残れた一番の要因だった気がします。




【こっそり追記】
マルチの他に決勝まで勝ち残れた要因としては、

・ニュース問・高校生クイズ問が頻出してた
出題バランスがおかしかったです(最近は直ってるっぽいです)
一応それらしき物は事前にレッスンで回収してたので、
ここで数問差をつける事が出来たような気がします。

・セレクトの問題数
自武器のセレクトは他の形式よりも問題数が多いため、
ランダムが来るとセレクトが出る確率が高いのです。

・マークされて無かった
一回戦では、特にそうだったと思いますw


--------------------------------------
そんな訳で、これで少しQMAはお休み出来ます。

いや、意味深に思われたらすみませんが、単に他の趣味にも時間を割きたくなっただけですw
でももし再び火がつく事があれば、またその時には。

  • web拍手 by FC2

FC2Ad